小さくてヤンチャなレーシングカー

撮影日:2017年11年19日
イベント:旧車天国(東京都)
ナンバー:埼玉県

HONDA LIFE
ライフ(SA型:1971年〜1974年)

 大きなゼッケンとセンスの良いステッカーチューンにより、当時のレーシングカーを彷彿とさせる仕上がりの初代ライフ。ベース車のグレードはツインキャブエンジンを搭載し、新デザインのフロントグリルやブラックアウトされたリアまわりなど、独自の意匠を採用したツーリング。チンスポにビス留めのオーバーフェンダー、ビタローニミラーなどの後付けパーツはブラックでまとめており、ツーリングに相応しいコーディネートだ。
 純正スチールバンパーは外さずに残しているが、フロントのナンバー取り付け部にはむき出しのオイルクーラーを装着。グリーンのけん引フックが彩りを添える。ヘッドライトはマーシャルのイエローに交換した。

 リアまわりに関しても純正の良さを残し、マフラーは小径のデュアルに交換されているが、こちらはおそらくワンオフだろう。ホイールは小径のSSRメッシュで、赤いディスクがインパクト満点。肉厚のタイヤは懐かしのアドバンHFタイプD。