ボディメイクはハデだけど、なぜか渋い

撮影日:2017年11年19日
イベント:旧車天国(東京都)
ナンバー:千葉県

TOYOTA SOARA
ソアラ(GZ10型:1981年〜1986年)

 まさにやることはキッチリやっている、という印象の10ソアラ。エアロはこの方のソアラには鉄板と言えるヤマト。無加工でも十分決まる、トータルバランスに優れたデザインが人気の秘訣だろう。フロントのウインカーはパンチングメッシュを張って見た目をスッキリと。
 ビス留めのサバンナワークスもエアロに合わせて切り込みを入れ、スマートにフィットさせている。ホイールは深リムのマークⅠをセットした。ボンネットはロングノーズ化により、威圧的なフロントマスクを実現。ドアミラーはビタローニに交換し、フェンダーには鋭い2連ダクトを刻む。

 ウイングはトランクにパテ埋めされたセブンパネとゲタッパネ(ケーニッヒウイングとも呼ばれた)の合わせワザ。これでカラーリングが何色も使ってどハデだったらイメージがまた変わっていたと思うが、このソアラはガンメタ系の単色。ボディメイクはハデながらも、引くところは引く。そのさじ加減が絶妙である。