ストリートで映えるレーシング仕様

撮影日:2017年11年19日
イベント:旧車天国(東京都)
ナンバー:神奈川県

MAZDA SAVANNA RX-7
サバンナRX-7(SA22C型:1978年〜1985年)

 透き通るようなライトブルーのカラーリングが目立つ、SA22CサバンナRX-7。パーツ選びに関しては改造車のツボをしっかり押さえているが、オーバーフェンダーは定番のサバンナ用ではなく小振りなタイプをビス留め。横方向へのボリュームこそワークスより控えめなものの、街乗りならこれくらいの大きさの方が扱いやすいだろう。
 フロントバンパーは大きな丸型のフォグランプが特徴のポルシェタイプ。サイドステップとリアバンパーも取り付けてトータルバランスを高めた。ボンネットはFRP製に交換しており、これまたSA22Cに良く似合う24連の立体的なダクト入り。もちろんボンネットピンも取り付け済みだ。

 後方に向かって鋭く伸びるセブンパネはキレイにパテ埋め済みで、リアゲートはアイローネに交換してリアまわりを軽やかに。そして専用設計のエアロミラーとウインドウルーバーも抜かりなく装着。SSRのマークⅡのレッドカラーが差し色として映える。