数多くのお宝パーツで当時風にメイク

撮影日:2017年1月29日
イベント:ニューイヤーミーティング2017(東京都)
ナンバー:東京都

TOYOTA CELICA
セリカLB(A30型:1970年〜1977年)

 限界までローダウンされたバナナテールのセリカLB。真っ赤なボディは非常に鮮やかで、もともとメッキだった前後バンパーはボディ同色で塗装して統一感を向上させている。このLBには当時の街道レーサースタイルを目指すオーナーにとっては、のどから手が出るほど欲しいと思われる貴重なパーツが数多く装着されている。
 その代表的な逸品が、今はなきエバのフロントエアダムとリアスポイラー。前を走るクルマのルームミラーから見て文字が正しく映るように、エアダムのロゴが反転されているのが特徴。オーナーはこのロゴを白でペイントして強調している。

 また、整流効果を高める役割を持つレーシングジャケットも貴重なアイテム。当時はボディ同色で塗装するオーナーが多く、状態が良いクリアタイプはほとんど残っていない。バックミラーは車高の低さが強調されるナポレオンバッカミラー。ホイールは純正をワイド加工した。