ビタローニもいいけどアルバートもね

撮影日:2018年4年22日
イベント:第9回旧車ミーティング(広島県)
ナンバー:大分県

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC210型:1977年〜1981年)

 こちらのジャパンはまず、フェンダーミラーがポイント。90年代前半の福岡仕様全盛期に一部オーナーたちの間で流行ったのが、足が細いレトロなデザインのアルバートミラーだ。ノーズを長く見せるため、純正の位置よりも奥に取り付けるのがトレンドだった。

 カラーリングはシンプルにグリーン1色。旧ニスモやRS-R、ブリヂストンなど当時流行ったステッカーをバランス良く貼り付けたのもセンスが光る。ボディパーツはチンスポとスリットスポ、テールランプはスッキリとしたワンテール仕様。ホイールは美しく輝くSSRマークⅢ。リアフェンダーはさり気なく叩き出し。もちろん車高もベタベタで、リムの被り具合がお見事。