サバンナワークスに深リムのテクノを履く

撮影日:2018年1月28日
イベント:ニューイヤーミーティング2018(東京都)
ナンバー:茨城県

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC110型:1972年〜1977年)

 今っぽさを抑えた、リアル街道レーサーテイストのケンメリ。まず目を引くのが、黒で塗られた大きなサバンナワークス。ビスで固定してスパルタンに。ホイールはワークスに相応しいディープリムのテクノレーシング。タイヤはトーヨーを引っ張って履かせている。
 フロントまわりはツリ目でセットした330ヘッドライトにローレルグリル、むき出しのオイルクーラーとツボをしっかり押さえている。ウインカーはもちろんローレル用で、ドアミラーはメイワのジャガーミラー。フェンダーミラーの穴はパテ埋めするのではなく、当時っぽくカバーを付けて隠しているのがミソ。

 リアまわりで注目したいのは、チェリーのワンテール。斜めに角度を付けてイカツさアップを実現。テールパネルはラメ塗装済みでとってもキラキラ。重低音を放ちそうなハネ上げデュアルマフラーも必見だ。とどめは角度が絶妙な3分割ウイングでフィニッシュ。