低車高を際立たせるイーグルマスクのマークⅡ

撮影日:2017年10月9日
イベント:J−NATION(滋賀県)
ナンバー:三重県

TOYOTA MARKⅡ
マークⅡ(GX61型:1980年〜1984年)

 チンスポや板ッパネなどライトなパーツでシンプルに決めるGX61マークⅡが多い中、バンパータイプのエアロで武装。重厚感が増し、車高の低さがさらに強調されている。カラーリングはソリッドなレッド単色、フロントウインドウのハチマキもレッド基調でまとまりも良し。
 サイドモールは取っ払ってスッキリとした印象。フェンダーはリアにビス留めタイプのオーバーフェンダー。フロントも若干出している様子。オバフェンはポン付けではなく、リアバンパーに合わせてカット。仕上がりの良さでも差を付ける。

 ホイールは鉄チンをワイド加工、タイヤはトーヨーを引っ張って履かせた。ウイングはエアロに良くマッチしているセブンパネ。こちらはトランクにパテ埋めして馴染ませている。マフラーはハネより長いデュアル出し。斜めに角度を付けてヤンチャっぽく。ステアリングは小径のウッド、リアトレイには紫の回転灯をセットする。