味わい深いカラーリングを見て欲しい

撮影日:2016年12月17日
イベント:スタンスネイション2017(東京都)
ナンバー:千葉県

TOYOTA CRESTA
クレスタ(GX71型:1984年〜1988年)

 現代の技術を駆使して、GX71クレスタをベースにハイレベルな福岡仕様を完成させた。マスキングの苦労が伺えるカラーリングは、赤・黒・白の3色使い。この複雑なラインを描くために、相当頭を悩ませたと思われる。サイドモールはスムージングしてフラットにし、個性を表現できるスペースを広げた。
 スポイラー類はチンスポとスリットスポ、板ッパネはあえて付けていない。ロングノーズも福岡仕様の定番ワザのひとつで、前方向に向けて鋭く伸ばしている。ボンネットのカラーリングを左右非対称にしているのも面白い。フェンダーはさり気なく叩き、赤ディスクのSSRマークⅡを装着。

 テールまわりはキレイにスムージングされ、斜めに角度を付けたポーターテールを引っ込み気味にインストール。バンパーとスリットスポの間から勢い良く飛び出すデュアルマフラーも、渋くてイカツい。