青と白のクールなアドバンカラー

撮影日:2017年1月29日
イベント:ニューイヤーミーティング2017(東京都)
ナンバー:神奈川県

TOYOTA SOARA
ソアラ(GZ10型:1981年〜1986年)

ドライブコンピューターやタッチパネル式オートエアコンなど、当時最先端の機能を数多く搭載して華々しくデビューしたトヨタ・ソアラ。初代の10系はワークスを張ったチバラギ仕様からシンプル&ベタベタの福岡仕様まで、あらゆるスタイルが似合うオールラウンドプレーヤー。青×白のアドバンカラーが涼しげなこの10ソアラはビス留めのオーバーフェンダーとおもむろに引っ張ったタイヤであわせたツライチ具合に、福岡的雰囲気を感じさせる。ロングノーズも10ソアラには良く似合うワザで、鋭く前方に伸ばして目つきをイカツく見せる。チンスポ・板ッパネも好まれるパーツだが、こちらのソアラはフルエアロで他と差別化を図った。テールランプは奥行きを付けた引っ込みテール仕様。1ピースのハネはトランクにパテ埋めされている。