「当時」を感じる妥協のないボディ加工

撮影日:2017年1月29日
イベント:ニューイヤーミーティング2017(東京都)
ナンバー:茨城県

NISSAN SYYLINE
スカイライン(GC110型:1972年〜1977年)

 今っぽさは全くなく、良い意味で「これぞ昔の改造車」と言えるケンメリ4枚。グラチャン時代を生きてきた人なら、きっと「懐かしい!」と感じるイジり方だろう。まずカラーリングはブラックとゴールドのツートン。ボンネットの星マークやサイドのイナズマラインがとても懐かしく、80年代のグラチャンでは最低でも1台は見ることができた。ブラックには細かいフレークが入っているのか、太陽の光が当たってキラキラ輝いている。       
 フロント周りはボンネットやフェンダーだけでなく、バンパーまで前に伸ばした丸ごとロングノーズ。誰が最初に挑戦したのかは不明だが、当時はこういう大ワザに挑戦するオーナーも存在した。真横から見ると、全長がロングに見えるという効果があるようだ。

 フェンダーはサバンナワークスビス留め、鋭い3分割ハネはキレイにパテ埋めされている。とどめは斜めに角度を付けて埋め込んだカリーナテール。どこから見てもイカツ感があり、近寄りがたいオーラを放つ。