チンスポ形状のフロントスポイラーが威圧的

撮影日:2017年7月23日
イベント:富士河口湖オートジャンボリー2017
ナンバー:千葉県

TOYOTA CELICA
セリカ(A20型:1970年〜1977年)

 ダルマはもちろん、LBにも似合うセリカワークス。下に行くにつれて絞り込むセリカのボディラインに合わせ、スソをラッパ状に広げたデザインが特徴のワークスフェンダーである。ワークスと一体感を持たせたフロントスポイラーは、あまり見かけないチンスポタイプ。これだけでも他のセリカLBワークス仕様と大きく違いを出せている。レーシングジャケットも下半分をダクト加工してオリジナリティを演出する。ジャケットを装着したままヘッドライトを使えるので一石二鳥といったところ。ボディカラーはパッと見は黒っぽいが、深みのあるグリーン。シルバーのナックルラインを走らせてワルっぽい雰囲気をアピールする。リアまわりはワークスとのバランスも良い大きめな3分割ハネでボリュームアップ。