ボンネットもスポイラーも前に鋭く突き出す

撮影日:2017年4月23日
イベント:第8回旧車ミーティング(広島県)
ナンバー:山口県

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC210型:1977年〜1981年)

 ボディはホワイトでレーシングラインはシルバー。色使いはシックだが、ボディ加工は何とも大胆なジャパン。先端をキッチリ折り曲げて質感を高めたロングノーズとバンパーよりもかなり前方に伸びたデッパの組み合わせが押し出し感あふれるスタイリングへと導く。このデッパはサバンナワークスに合わせて横方向にも広がりを持たせているため、ワイド感も向上。その流れでサイドステップも製作している。

 ボンネットにはLBダクト、フェンダーには2連ダクトとレーシーさを盛り上げるダクトメイクも見逃せない。フロントまわりはバンパーを残しているためまだベースがジャパンだと分かるが、リアはバンパーを取っ払ってS30フェアレディZのテールランプを移植。真後ろから見たらまさしく車種不明。