ケンメリで作るパーフェクトなチバラギボディ

撮影日:2016年11月13日
イベント:旧車エキスポ(大阪府)
ナンバー:兵庫県

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC110型:1972年〜1977年)

 ケンメリはいつの間にか値段がどんどん高騰しており、最近はハードなボディ加工車は少ない。しかしこのケンメリはまさにチバラギの見本と言える、熱い改造ワザが満載。丁寧に塗り分けられたツートンカラーにケンメリの型式からとったと思われるゼッケン「110」。サバンナワークスと一体感を持たせたデッパはかなりの長さ。

 サイドステップもワークスに合わせて幅を広げ、下まわりのコテコテ感は完璧。フロントフェンダーには2連ダクトを刻み、ウインカーは定番のローレル用。リアの3分割ハネはキレイにパテ埋めし、その上に後方を鋭く伸ばしたオリジナルのシルエットウイングを装着。ロングデッパがあるからこそ、このサイズ感がしっくり来る。テールランプはお決まりのワンテール。テールパネルはラメが入ってキラッと輝く。