ブリッとワイドなセミワークススタイル

撮影日:2018年4月22日
イベント:第9回旧車ミーティング(広島県)
ナンバー:広島県

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC10型:1968年〜1972年)

 ハコスカのフェンダー加工にも様々な楽しみ方があるが、丸みを帯びたレーシング用のセミワークスも人気が高い。このクルマのようにパテ埋めせず、ビス留めの方がスパルタンな雰囲気が増してハコスカにぴったり。フロントグリルはGT-R仕様で、ヘッドライトはロービームのみマルチリフレクタータイプに交換して新しさを注入。 

 ボンネットは純正の形状をリアルに再現したフルカーボン仕様となる。フロントにチンスポ、トランクには板ッパネとハコスカ定番のボディパーツも積極的に採用。ドアミラーはワルっぽさが漂うビタローニをチョイスした。エンジンにも手が入っており、チラッと見えるタコ足の上にはソレックスのキャブ。ウルトラのM.D.Iで点火系も強化済みだ。ホイールは極太サイズのRSワタナベを履く。