ブラックアウトしたバンパーがイカツい

撮影日:2018年6月17日
イベント:デュアルファクトリーin奥伊吹(滋賀県)
ナンバー:和歌山県

NSSAN SKYLINE
スカイライン(GC10型:1968年〜1972年)

 珍しいクリアタイプのライトカバーを装着したハコスカ。その奥に見えるヘッドライトは、マーシャルの猫目マークがかわいらしい。前後のバンパーは外してレーシーに見せる手法が多い中、あえて残している。しかも本来のメッキではなくブラックアウト。他のハコスカと違いが出て面白い。シルバーのボディカラーにも合うし、ビシッと引き締まったような雰囲気が漂う。

 スポイラーはハコスカには欠かせないチンスポ&板ッパネをプラス。フェンダーはアーチが立ち上がったタイプのセミワークスを装着して、さり気なくワイド感を高めた。深リムのホイールは、これまたハコスカにジャストフィットなRSワタナベ。タイヤはトーヨープロクセスR888を引っ張って履かせている。