イマドキ感を醸し出す硬派なセミワークスハコスカ

撮影日:2017年1月29日
イベント:ニューイヤーミーティング(東京都) 
ナンバー:埼玉県 

NISSAN SKYLINE
スカイライン(GC10型:1968年〜1972年)

2枚ドアのハコスカは、徹底的にチューニングされた硬派な仕様が多い。この車輌もきっと走りでもアピールできそうなスペックだと思われるが、見た目でもオリジナリティを主張する。左ヘッドライトは330の角型をツリ目でセットし、片側はライトカバーを装着してスパルタンな装いに。このカバーはくり抜いてライトを露出させ、実用性も問題なし。バンパーは撤去して、オイルクーラーを装着。チンスポはハコスカには定番のスポイラーだが、その下にカナードを取り付けたのが今風だ。フロントフェンダーには2連ダクトを刻み、クリアレンズのローレルウインカーをセットしている。

フェンダーはワイド感のあるセミワークス。よく見るとカーボンというのもイマドキである。リアビューのポイントは、ハコスカにはコレしかないと言える板ッパネとデュアルマフラー。懐かしい紫のホタルランプがアクセントとなっている。室内にはロールケージが張り巡らされており、とってもレーシー。フロントウインドウにはSTAR ROAD specialistのハチマキも。